ブランクがあっても転職できた薬剤師です

外にでていく業務もある

外にでていく業務もある薬剤師が関わることも増えました今後もこの地域で頑張っていきたい

結婚と出産により、前に勤めていた医療機関を退職したものです。
それでも薬剤師という国家資格を持っているので、再就職は比較的容易だとは思っていました。
確かに子育てが落ち着いてきたことと、近隣での薬剤師採用を行っている薬局なども目につくので、思い切って再度働いてみようと行動を開始しました。
ブランクがあってもすぐにこの仕事が出来ることは大きかったです。
ただし、この数年の間に大きく制度などが変わってしまって、ついて行くのが最初は厳しく感じられました。
特に介護保険の利用者がこんなに多いとは思わず、びっくりしたものです。
採用時には自動車の運転免許における所有の有無と、運転の経験なども聞かれてしましたので外に出て行く仕事もあるのだろうという予感はありました。
薬局正確にはドラッグストア内での調剤仕事ですが、それ以外にも外に積極的に出て行くところなので、相応に忙しいです。
ドラッグストア内でもこの介護保険における居宅療養管理指導の話は出ていましたし、いずれはするのだろうなと思っていました。
ただ自分が実際に自動車を運転して行くとなると、少し新鮮な感じもしています。

◇ブランク明けの研修について
ブランク明けや仕事復帰される方向けの研修があります。

一見魅力的に見えますが、専用の時間をとって研修くれる会社は少ないです。

通常業務の隙間時間にやるだけの、みせかけの研修には注意してください。

— 薬剤師求人相談 (@yakuzaishi_job_) April 3, 2020