ブランクがあっても転職できた薬剤師です

今後もこの地域で頑張っていきたい

外にでていく業務もある薬剤師が関わることも増えました今後もこの地域で頑張っていきたい

主治医の先生によっては訪問診療や往診の対応もなされますが、その頻度の多さに伴って徐々に私たち薬剤師も仕事が増えてきているようです。
体感ではありますが、患者さんのところに赴いての対応が増えていますし、それに伴いいろいろな視点でものが見えるようにもなりました。
この仕事をしていて、視野が広がる感じが非常に新鮮でわくわくすることもあります。
薬は処方通りに飲んでくれているだろうかとか、あるいは緑内障などでの手術後の点眼もしっかりとしてくれているだろうかなど、気にかけることは多いです。
連携を図るケアマネジャーさんと、主治医の先生方などとのコミュニケーションも増えており、はつらつと仕事が出来ていることもうれしく思います。
要介護認定などの制度についても触れる機会が多くなり、介護保険制度について改めて勉強を行うことも増えているところです。
中にはケアマネジャー試験を目指す同僚もいたりして、刺激になります。
ブランクがあっても薬剤師として働ける環境があることで、生き生きした生活になっています。
その点では、この仕事をしていてよかったと痛感し、今後もこの地域で頑張っていきたいと思っています。