ブランクがあっても転職できた薬剤師です

薬剤師が関わることも増えました

外にでていく業務もある薬剤師が関わることも増えました今後もこの地域で頑張っていきたい

在宅での療養をどうしているのかが目に見えて分かることはプラスでした。
服薬の状況も、薬局にて聞いていることと実際とに違いがあったりして、その点でも参考になるところは大きいです。
場合によってはその患者さんの主治医に相談をしたり、あるいは報告を行うことで今後薬をまとめて飲めるようにする一包化も考えることなど、視野が広がったように思います。
患者さんが飲んでいると言っても、実際には飲み忘れが結構あるんだなと思えるようになったことはプラスでした。
患者さんに同居している家族がいれば、ある程度の飲み忘れが防げるようです。
ただあまりそこまで面倒を見ている家族は少ないように感じられ、結果、私たち薬剤師が適度に関わることも増えました。
高齢になればどうしても飲み忘れが発生することも見えてきました。
介護保険制度の利用者であれば、ある程度飲み忘れなども含めた物忘れも発生しているようで、結構な患者さんを見かけます。
院内処方がメインだった昔の職場では、こうした視点は持ちようがなかったです。
新鮮ですし、その意味においてもブランクはあまり感じることなく、新しい仕事に打ち込めています。
ケアマネジャーさんとの連携についても、また他の介護福祉士などとの連携で、ケアカンファレンスへの出席についても、学べるところが多いと感じています。